• HOME
  • 屋上緑化について

屋上緑化について

屋上緑化の効果

改正工場立地法が施行(平成16年3月)され、屋上緑化についても工場立地法の緑地として認められています。敷地内の地上緑化を屋上に移行することにより、増設スペースの確保が可能となりました。
屋上緑化をすると環境にやさしいだけでなく、さまざまなメリットがあります。

1. 省エネ効果
工場の折板屋根は断熱性能が小さく、夏季の屋根の温度が70℃近くになるため、冷房負荷が大きくなります。屋上緑化により、屋根からの熱負荷が大幅に低減され、空調機冷房運転の省エネ化を実現します。

温度測定・省エネ効果実例データ

2. ヒートアイランドの防止効果
都市部では道路など地面の大部分がアスファルトやコンクリートでおおわれているために、熱がこもりやすく夜になっても地面にこもった熱のために気温が下がらず、それに伴いエアコンの排熱、自動車からの排熱が影響し、気温が下がらなく熱帯夜が続いたりします。
屋上緑化をおこなうと植物からの蒸散作用により周辺の気温を下げる効果があります。
3. 建築物の保護効果
酸性雨、紫外線による防水層の劣化、温度変化による劣化を防止します。軽量土壌を使用すれば、建物への負担を軽減することができます。
4. 二酸化炭素(CO2)の削減効果
植物は光合成を行うことで二酸化炭素を吸収し、固定することができます。
5. 雨水流出の緩和効果
雨水流出を遅延・緩和し、都市型水害の防止に貢献できます。
ページの先頭へ