屋上緑化について

屋上緑化のメンテナンスにおける留意点

人為的に植えた植物は、メンテナンスを施さなければ、いずれは衰退していきます。
屋上緑化を維持管理するためにも、専門業者とのメンテナンス契約をお勧めいたします。
メンテナンスの方法は、植栽の種類等によって変わります。下記でご紹介しているのは、屋上緑化の中でも低管理型の薄層緑化セダム(メキシコマンネングサ)の場合のメンテナンススケジュールです。

  セダム(メキシコマンネングサ)薄層緑化のメンテナンススケジュール例
  花切り 除草 施肥 病害虫防除
時期 乾燥期 春・夏・秋 春・秋 夏・秋
内容 花が咲きだすと早めに刈り込むのが望ましい 雑草が種を落とす前に除去することが望ましい 遅効性肥料等の散布 捕殺・薬剤散布による防除
3月
4月
5月        
6月      
7月
8月      
9月    
10月
11月      
12月        
1月
2月
備考 花がらは大量に残っていると病害が発生しやすくなるので、除去をお勧めします 除草後の雑草はもれなく除去することが望ましい 花切り後に行う 虫の発生がなければ薬剤散布をしなくても良い

※上記メンテナンスは一例です。地域環境やメンテナンス業者などによって、内容は異なります。

ページの先頭へ