屋上緑化について

屋上緑化に適した植物

屋上に樹木を植える際、大きくなる樹木は荷重などの点から適しません。また、背の高い草花は風で倒れやすいので注意する必要があります。

屋上緑化を考える際には地上に植える時と同様に、気象条件や自然環境条件に適した樹木の中から積載重量条件や植栽基盤の厚さ、樹木の成長度、搬入時の条件等を考慮して樹種や形状を選択する必要があります。

植栽する植物は、防風対策や軽量土壌などを用いて基盤をしっかりと確保すればほとんどの植物は植えることができますが、大きく成長する木は荷重などの点からあまり適さないといわれています。また、背の高い草や花は風で倒れやすいため植栽には注意が必要です。

屋上緑化と地上との大きな違いは以下の3点があげられます。

  1. 屋上では、地上の庭より日当たりが良い反面、風が強くあたるため乾燥しやすい。
  2. 屋上では、地上と異なり土壌厚が薄く、軽量で粘りがないため、使用できる樹種が限られてくる。
  3. 屋上では、全積載重量は、構造物の強度に合った許容範囲内でしか利用できない。

乾燥に強い植物としては、コノテガシワ、イヌツゲ、サザンカ、ハイビャクシン、セダム類、マツバギク、ローズマリー、常緑キリンソウなどがあります。

中でも省コスト・低管理型の屋上緑化に適した植物として、セダム類、常緑キリンソウは注目されています。特にセダム類は、一時期安価で簡易であることから多くの屋上緑化施工において採用されてきました。セダムによる緑化の効果は多種多論ありますが、少なくとも簡易な管理下では水管理により左右されるシバなどよりも健全な生育が期待できる点では優れているといえます。また常緑キリンソウは湿気、乾燥など様々な環境に強く丈夫な植物なので、屋上という過酷な環境でも低メンテナンスで一年中緑を保てます。

屋上緑化植物比較表

常緑キリンソウ メキシコ
マンネングサ
コケ
耐寒性
耐暑性 ×
耐塩性 × ×
耐乾性 ×
耐陰性 室内
成長速度
蒸散量(葉の表面積) ×
耐病性 ×
常緑性 常緑 × ×
粗放性 メンテ量 極少ない 少ない 多い 少ない
土壌厚 3~5cm 3~5cm 20cm 1cm
灌水 夏期30日間 不要 不要 必要 不要
蒸れ 繁茂期 強い 弱い 普通 強い
耐湿性
ページの先頭へ